Skip to content

船舶免許の分類に注意

船舶免許を取得する際には、その分類に注意をすることが必要です。最近では様々なところで短期間で船舶免許を取得することができると謳われており、これらを取得してモーターボートやジェットスキーなどを楽しみたいと考える人も多いのですが、実際には船舶免許には様々な種類があり、その種類によって条件が異なるため、自分が目的とするものを選んでそのコースを実施しているスクールを選ぶことが、必要な条件となっているためです。船で沖に出て釣りを楽しみたいと言う場合には、小型船舶免許を取得することが良い方法です。小型船舶免許には一級と二級の2種類があり、一般的には釣りをする場合には比較的岸から近いところで行う場合も多いので、岸から約9キロメートルまでの範囲で航行をすることができる二級を取得することが良い方法となっています。

ジェットスキーを楽しみたいと言う場合には、少しだけ注意が必要です。ジェットスキーは特殊な船舶に分類されているため、通常の免許では操縦をすることができません。法律上の分類は特殊小型船舶となっており、専用の免許が設定されているためこれを取得しなければならないことになります。船舶は安全に注意して操縦するとともに、海上でのルールを遵守して航行することが必要です。

自動車の運転免許のように標識が存在しているものではないため、自分自身で状況判断して適切な対応をすることが求められる特殊な乗り物でもあります。そのためそのルールに従って適切に利用することが必要です。船舶免許のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です