Skip to content

小型船舶免許の取得方法

船舶免許は3種類あり、1級・2級とジェットスキーや水上バイクの特殊があります。取得する事でそれぞれ許される範囲で航行や操縦が可能になります。取得できる条件は年齢制限があり、特殊及び2級船舶免許は満16歳からで1級は満18歳です。これは免許発行年齢であり、教習自体は満たす年齢の3ヶ月前から可能です。

ちなみに自動車免許を持っているとバイクも運転可能な様な事はなく、1級及び2級免許があるからと言って特殊小型船舶である水上バイクやジェットスキーを操縦する事は、許されていない事に注意が必要です。船舶免許取得には学科試験に実技試験、そして身体検査に合格する事で得られます。身体検査の基準は視力なら両目共に0.5以上ある事や航路標識の彩色を識別できるかの色覚、5m以上離れた距離での普通の声での話を聴こえるかの聴力が求められます。教習会に参加する事が基本求められ、それぞれの免許によって講習時間が異なります。

1級だと学科24時間に実技が4時間となっており、2級は実技は同様で学科は半分になります。水上スキー等の特殊の場合は特殊学科6時間と実技が90分であり、1日で取得可能です。この免許は正式名称は小型船舶操縦士免許と言い国家資格になります。自動車免許と同じく教習会を利用せず直接受験するコースもあります。

学科と実技、そして身体検査を通過すると総合合格になり、免許証が交付される流れですが、大半の方は教習会に参加して取得します。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です