Skip to content

船舶免許資格について

ボートやヨット、水上オートバイを操船するためには免許が必要です。船舶免許は国家資格で船舶職員及び小型船舶操縦者法で定められています。船の大きさや航行区域によって1級、2級、特殊と分けられています。長さ3メートル未満、エンジン出力2馬力未満のミニボートなら免許も検査も必要ありません。

ミニボートは小さく軽いので子供から大人まで操縦できますが、安全に乗るために最低限必要な知識やルール、技量が必要です。1級と2級の資格で操船できる船舶の大きさは、どちらも20トン未満の小型船舶及び20トン以上長さ24メートル未満のボートです。航行区域や取得できる年齢は2級で5海里以内までで満16歳以上、1級は区域制限なしの満18歳以上となっています。また2級に区分される湖川小出力免許なら船舶は5トン未満、出力15キロワット未満に制限されます。

また航行区域も湖や川のみです。特殊小型免許は水上オートバイのことで、ウェイクボードやツーリングが楽しめます。2海里以内の区域で満16歳以上なら取得可能です。船舶免許の取得にあたっては、方法は3つあります。

免許スクールの講習を受けるコース、小型船舶教習所で実技と教習を受けるコース、独学で学習する方法です。独学の場合、学科試験を受験できますが、実技試験の指導が受けられる環境も必要なので、実技教習のみスクールで受講することもできます。船舶免許の受験資格として視力や色覚、聴力などの身体的条件も要求されます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です